ゴーヤの漬け物の作り方!チャンプルーだけじゃないおススメ食べ方!

農家レシピ
スポンサーリンク

ゴーヤの美味しい食べ方はチャンプルーだけではありません。

ゴーヤの漬け物もおすすめです。

以前に沖縄に旅行した際にホテルの朝食でゴーヤの漬け物が出され、とても美味しかったので自分でも試作してみました。

コツはお酢を使うこと。

ゴーヤの苦みと独特の風味が病みつきになります。

是非、作ってみて下さい。

スポンサーリンク

ゴーヤの漬け物の作り方

毎年、夏野菜として欠かさずに作っているゴーヤ。

緑のカーテンに利用している人も多いのでは?

ゴーヤはとても丈夫な野菜で、肥料さえしっかり施せばたくさんの収穫が見込めます。

病気や害虫も寄り付かないのがゴーヤの素晴らしいところ。

ゴーヤの料理はゴーヤチャンプルーが一般的ですが、実は漬け物もおススメです。

沖縄のホテルの朝食で初めてゴーヤの漬け物を食べて、とても美味しかったので自宅でも作ってみました。

作り方を紹介します。

  • ゴーヤ: 2本程度
  • 醤油: 1/2カップ
  • お酢: 1/2カップ
  • みりん: 1/2カップ
  • 砂糖: 大さじ2杯
  • タカノツメ: 1本

1・初めに調味液を全て混ぜ合わせ、火にかけて沸騰させます。

沸騰したら冷ましておきます。

2・ゴーヤは縦半分に切り綿と種を取り除きます。

※、ここで取り除いた種は来年の種として利用できます。

私は毎年自家採種しながらゴーヤを育てています。

発芽率は問題ないです。

3・綿と種を取り除いたら約5ミリ程度の薄さに切ります。

4・調味液が冷めたら薄切りしたゴーヤを調味液に漬け込みます。

この時、ゴーヤに対して調味液が少なく感じるかもしれませんが、ゴーヤから水分が出てくるので調味液は少ないかな?と思えるくらいが丁度いいです。

その代わり味がぼやけないように醤油を多めにしていることと、調味料を火にかけたことでゴーヤの水分が程よく調和します。

冷蔵庫で半日程度寝かせて完成です。

冷蔵庫で3日程度日持ちします。

お酢の酸味と醤油と砂糖の甘じょっぱさ、そこにゴーヤの苦みが暑い夏にさっぱりと美味しいです。

朝食やお酒のおつまみとしてどうぞ!

スポンサーリンク

家庭菜園の悩みの一つ。

野菜の旬の時期に一度に大量の野菜が収穫出来てしまうこと。

そんな時はこの一冊がとても役に立ちます。

私は手元に置いて置き、季節ごとに収穫した野菜を無駄にしないように参考にしています。

一家に1冊あると食材を有効活用でき、家計にもプラスになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました